ハルと歩けば… ボーダーコリーのいる暮らし

犬のいる生活
0

最高値更新

体調も相変わらず、すこぶる良さそうなハルです

ステロイドもドンドン減量が進み
隔日1錠から隔日1/2錠になり
それでも数値が改善するので、隔日1/4錠になりました
血液の数値も薬減量中でも過去最高にいい状態です
肩回り、おしり回りの筋肉もしっかりしてきました

このまま病気が落ち着いてくれたらいいんですけど

でもいったい何が良かったんだろう?

フードはずっと同じものです
鹿肉主原料で消化吸収率が87%(ファインペッツ)
お医者さんにもこの内容なら変えなくていいとのことでした
この秋、グレインフリーの魚中心フード(アカナパシフィカ)に一時期変えてみているところではあります   まだ変えたばかり……

私の感触として良かったことは

1.手作りを止めたこと

完全版のではないにしろ、
色々な食材は"ハルの腸"には負担が大きかった気がします
下痢はなかったものの、色が黒っぽくなったり、
血液の数値が落ち着きませんでした
特に野菜類は小さく刻んだり、潰したり、ゆでたり、すりおろしたりしても
キチンと栄養素がとれているのか?でした
お肉や魚さえ大丈夫か気になっていました
今はレバーや鳥むね肉を焼いて、練習の時のご褒美には使っています

2.フードにラムグリーントライプを加え始めたこと

これはうんちに安定感が出て来て太さもしっかりしてきたので回復を予感することが出来ました
下にあとの残らないでも固くないすこぶる快腸な感じです

蛋白漏出性腸症という同じ悩みを持つ子の参考になればと思います

運動にも意欲が出て来て、別の悩み(本当、いろいろ❗)もできましたが
限られたハルとの時間を共に楽しめそうです
先生からのお許しも出たのでこの冬はデビューできるかな?

まずは練習………私の
20171006202913d87.jpg 
(視線の先に私)
とりあえず彼はアジリティを楽しんでいるようです❗


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する